走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS 有田焼ショッピングモール「アリタセラ」さん

<<   作成日時 : 2018/07/12 20:24   >>

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 6

有田陶器市が終わったら…

毎年4月29日〜5月5日に開催され
佐賀県有田町内一円にわたって店舗が並び
全国から約100万人が訪れるという有田陶器市。
凄い賑わいです。
ずいぶんと陶器市には行っていませんが…

画像


画像


普段はとても静かで散策もゆっくりと…

画像


トンバイ塀のある裏通り

画像


トンバイ塀とは
登り窯を築くために用いた耐火レンガ(トンバイ)の廃材や
使い捨ての窯道具、陶片を赤土で塗り固め作った塀のことです。

裏通りは

画像


深川製磁の工場横を抜けて

画像


画像


歴史を感じる本店へ。
深川製磁本店は、経済産業省「近代化産業遺産群」に認定されています。

画像


画像


有田異人館は
有田の豪商であった田代助作が1876年(明治9年)に
陶磁器を買い付けに来た外国商人の宿泊・接待施設として建築した
和洋折衷の建物です。

画像


有田らしいバス停。

画像


画像


有田陶器市や有田の窯元さん訪問した時期もありました…
今回は購入予定はないので
ちょっとお店には入りにくい雰囲気です。

そんな
観光気分で有田焼を見たい!
そして気に入った品が有れば買いたい…
という方に
お勧めなのが
有田焼ショッピングモール「アリタセラ」さん

大駐車場完備

画像


画像


画像


22店舗が約200mの中央道路をはさんで軒を連ねています。

画像


画像


家庭用食器から美術品まで揃っています。

「有田焼とは、佐賀県有田町とその周辺地域で製造される磁器を指しますが、明治以降に広く用いられるようになりました。江戸時代は伊万里焼もしくは肥前焼と呼ばれていました。
17世紀初頭、朝鮮人陶工・初代金ヶ江三兵衛(通称:李参平)らによって有田町の泉山で磁器の原料となる陶石が発見されたと言われています。日本で初めて磁器が焼かれた産地として、それから400年間、食器や美術工芸品を中心としたものづくりを続けています。」

※ 有田観光協会HPより

商品を
ちょっとご紹介

画像


画像


画像


画像


画像


企画物も

画像


究極のラーメン鉢
22点が展示されていました。
マイラーメン鉢でラーメンを食べる!

画像


至高の焼酎グラス
焼酎をロックで飲むのにいちばん適した形状と大きさを追求して生まれました。
お気に入りの焼酎をお気に入りのグラスで
焼酎だけでなく日本茶などいろんな飲み物にも合いそうです。

画像


極上のカレー皿
カレーにこだわる人々にささげる!
見た目の美しさや
人間工学から追及した理想の食べやすさ!
何とこの棚
2級品につき半額!

「贅沢なシチューボウル」「プレミアムビアグラス」も有りましたよ。

花好きな方には

画像


400年の伝統を受け継ぎながら進化していく有田焼です!

そしてこんなものも…

画像


画像


茶わん供養・有田のちゃわん祭り
11月23日頃
その祭りで使われるのでしょうね。

画像


一休みしたら
一気に

画像


画像


画像


画像


画像


画像


観光客の姿もあり
「見てるだけ!」もOK!

でも見ていると欲しくなる物が有るのですね…
買ってしまいました!

既に値引きしてある品や
交渉すると値引きしてくれたり…

プチ有田陶器市

楽しめました

有田焼ショッピングモール「アリタセラ」
有田焼卸団地協同組合
佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351番地170
TEL  0955-43-2288
営業 9:00〜17:00
年中無休
http://www.arita.gr.jp/about.html









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 54
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが有田焼 町を散策するだけでも、そここで歴史と共に焼き物に出会えそうですねえ。
焼き物専用のショッピングモール お店ごとに違った商品の特徴が出ていて、一日あっても足りないかも。つい買っちゃう気持ち解りますねえ^^

こちらの方では有田焼が師匠の九谷焼がありますが、産地が分散していて、まとまった店舗モールがあるのは寺井くらいです。。そういえば寺井の九谷焼資料館がリニューアルしたそうなんで、機会があったら行ってみます^^
つとつと
2018/07/12 22:36
私の芋焼酎のお湯わりの茶碗は有田の物です。
陽炎を使っています。
釉薬はセレン赤を使うようです。
かけたりするので買い置きしながら晩酌を楽しんでいます。
夕焼け
2018/07/13 10:32
こんにちは。

有田陶器市ですか。
これは楽しそうですね。
陶器とか見るの好きです。
見てるだけで楽しそうですね。
トトパパ
2018/07/13 11:12
つとつと様
有田には有名な3右衛門と呼ばれる3つの窯元をはじめ有名な窯元さんがそろっています。焼物好きには1日ではとてもまわれません。私が焼物を趣味にしていた頃は何度か来て面白いエピソードもあるのですが…。お勧めは「佐賀県立 九州陶磁文化館」。柴田夫妻コレクションは必見です。今回再訪したかったのですが…。今回は有田らしい神社へ。本日13日公開しました。九谷焼良いですね。三代徳田八十吉さんの作品欲しかったです。
tor
2018/07/13 20:57
夕焼け様
ブログで拝見しましたよ。有田にしては珍しい赤だなと思いました。「至高の焼酎グラス」を見ながら夕焼け様のブログ思い出していました。専用のグラスで飲む焼酎は美味しいでしょうね。昔の芋焼酎は匂いがきつくて私は苦手でしたが、最近はオシャレで飲みやすくなりましたね。酒蔵巡りも好きですからたまにブログに登場していますよ。
tor
2018/07/13 21:04
トトパパ様
陶磁器を見るのは楽しいですね。以前焼物を趣味にしている時期が有り、ずいぶんと産地巡りをしました。窯元さんへ行ったり産地のお店を見てまわったり…。コレクションも随分あったのですが…。先日の地震でトトパパ様のフィギュアが全て倒れたように熊本地震で割れてしまいました。今はお店で見るだけのことが多いですが、やはり欲しくなりますね。
tor
2018/07/13 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
有田焼ショッピングモール「アリタセラ」さん 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる