走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS 武雄温泉楼門のミステリー

<<   作成日時 : 2018/07/01 19:50   >>

ナイス ブログ気持玉 85 / トラックバック 0 / コメント 2

竜宮城を連想させる楼門の天井にある謎とは・・・?

画像


ここは竜宮城か?
武雄温泉のシンボル楼門は
天平式楼門と呼ばれ、釘を一本も使っていないそうです。
国の重要文化財に指定されています。

画像


設計はこの方

画像


佐賀県唐津市出身の辰野金吾氏。

東京駅や日本銀行本店なども設計しています。

画像


「佐賀でおきた最高のミステリー」
は彼が設計した東京駅とこの楼門を結ぶものでした。
武雄不思議発見!

さっそく
楼門へ上がってみましょう

画像


画像


画像


画像


さすが重要文化財。

画像


窓の外には新館。
こちらも国重要文化財。
どちらも辰野金吾氏が関与した数少ない和風建築です。
建築は大正時代。
窓ガラスも当時のもので
少しゆがんでいて外の景色が ゆらゆらと見えます。
当時はガラス製造技術が不完全だったので
ガラスの厚さが不均一だったのですね。

画像


蝶番にはハート
これがミステリー

いえいえ
天井の四隅を見てみましょう。

画像


北 「子(ね)」

画像


東 「卯(う)」

画像


南 「午(うま)」

画像


西 「酉(とり)」


四干支の彫絵がありますよ。

画像


画像


「子(ね)」はよく見ると2匹ですね。
これがミステリー・・・?

実は辰野金吾氏が設計した東京駅。
復元されたドーム天井にも干支が…

画像


よく分からないので
こちらで

画像


八角ドームに描かれているのは
丑(北東)、寅(北東)、辰(南東)、巳(南東)、
未(南西)、申(南西)、戌(北西)、亥(北西)
八つの干支です。
十二支で足りない卯(東)、酉(西)、午(南)、子(北)は
ここ武雄温泉楼門内にあったのです

画像


1914年 中央停車場 (現・東京駅)
1914年 武雄温泉新館・楼門
まさに同時期に辰野金吾氏によって設計建設されています。
彼は意図的に干支を配置したのでしょうね。
その真意は・・・?

実際に四干支を見上げて
謎解きをしてみませんか?

画像


期間限定で公開されています。
http://www.takeo-kk.net/news/001350.php

期 間  平成29年4月1日(土)〜平成31年3月31日(日)(毎週火曜日は除く)
時 間  午前9時〜午前10時まで(受付は9時30分まで) 1回あたり約20分
見学料 大人400円、子ども200円 ※文化財保護協力費として(入浴付き)
見学料400円は元湯の入浴券です。見学後入浴ができますよ。

受付時間が朝の1時間なので遠い所からだと厳しいですね。
武雄市良い所ですので宿泊して楽しむのも良いかもしれませんね。

画像


画像


「蓬莱泉」の扁額は佐賀県小城出身で「書聖」と呼ばれた中林梧竹氏の書。
小城市須賀神社の鳥居の扁額もこの方でした。
http://tor5555.at.webry.info/201805/article_21.html

画像


画像


楼門は一つですが
設計では三つの楼門が計画されていたようです。
ということは
楼門1つに4干支×3=12干支だったのかも・・・?
では東京駅8干支が・・・?

画像


佐賀で最初に電灯が灯ったのは武雄だったそうです。

画像


画像


画像


画像


画像


多くの温泉施設。
大衆浴場の「元湯」と「蓬莱湯」
貸し切りの「家老湯」と「殿様湯」

竜宮城のような楼門。
蓬莱泉の扁額。
多くの温泉施設。
狙っていたのは竜宮城のようなレジャー施設
と思ったりしましたが…
蓬莱山の麓に湧くことから蓬莱泉とも呼ばれたのだそうです。

蓬莱山といえば
秦の始皇帝から不老不死の薬を探すよう言われて
日本へやってきた徐福が、薬を求めて歩き回った山じゃないですか。
不老不死、竜宮城・・・

いろんな想像をかきたてられる場所ですね。

武雄温泉楼門
武雄市武雄町大字武雄7425


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東京駅の干支が八というのを雑誌で見て知ってはいましたが、まさかこんなところに四干支がいたとは@@
本当に驚かされます^^;
torさんのブログを見るたびに武雄温泉が行きたい温泉候補になって行きます^^
つとつと
2018/07/02 22:07
つとつと様
武雄市には先日紹介の武雄神社の御船山が花の名所で行ったり焼物巡りで寄る程度でしたが…。温泉には行ってみたかったのですがなかなか時間が有りませんでした。今回は4干支を見るのが目的で行ってみました。武雄温泉見所満載でした。お湯は熱すぎたです。
tor
2018/07/03 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
武雄温泉楼門のミステリー 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる