走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS 偶然「善導寺」で

<<   作成日時 : 2018/06/07 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 2

まさかこちらに…?

画像


画像


本堂(国指定重要文化財)
現在の本堂は天明6(1786)年の建築です。
正面に柱が4本並立しているのは
中央を勅使、左側を左大臣、右側を右大臣が
並んで昇殿するように配慮されたものだそうです。
非常に珍しい様式だそうです。

画像


画像


画像


画像


間口17.5間、奥行17間、963u
入母屋造の本堂です。

画像


ご本尊は阿弥陀如来
像高90.3p。鎌倉時代の作。
向って右に観世音菩薩、左に勢至菩薩。
浄土宗では「南無阿弥陀仏」と称えることで
阿弥陀仏が救って下さると説いています。

画像


本堂の端にあった大木魚。
慶応2年(1866年)の作だそうです。

この大木魚が本日のメイン
違いますよ〜

画像


画像


画像


善導寺歴代上人墓所

画像


徳川家供養塔
徳川家康公が亡くなったのが、元和2年(1616年)4月。
柳河藩主田中忠政により善導寺にこのお墓が出来たのが7月。
百か日法要の頃でしょうか?
日光東照宮の造営を命じられたのが12月らしいので
すばやい対応だったですね。
田中忠政は二代筑後国柳河藩主。
江戸の徳川家康のもとで人質としてすごしたことから
家康とも親しかったようです。

以前は風雨をしのぐために建物の中にあったそうです。
その廟は六間四面だったそうです。

徳川家は浄土宗の大保護者であったそうで
ここ善導寺でも歴代将軍の位牌を安置して供養しているそうです。

画像


驚いたのはこの手作りの案内。

画像


右が田中吉政供養塔。
初代筑後国柳河藩主。
関ケ原の戦いで石田三成を捕縛する大功を挙げています。
腹痛で病んでいた三成が薬を拒否するので
健康に良いという理由でニラ粥を勧め
三成はその粥を食べた話は有名です。

ちなみに田中忠政の供養塔は
以前紹介の紫陽花で有名な龍護山千光寺にありました。
http://tor5555.at.webry.info/201706/article_20.html

私が驚いたのは
左のァ千代姫供養塔。
立花ァ千代。
大友氏の有力家臣であった戸次鑑連(立花道雪)の一人娘。
7歳の時に立花城の城督・城領・諸道具の一切を継いだ
九州の女城主です。
道雪は高橋紹運の長男宗茂を養嗣子に迎え二人は夫婦となりました。
父譲りの武勇に長けた姫で
人気ゲーム「戦国無双」にも登場していますよ。

関ケ原後
宗茂が改易されるとァ千代は肥後国玉名郡腹赤村に居住。
そこで亡くなったと伝えられています。
現在の熊本県長洲町です。
そちらにある墓に参ろうと思っていたのですよ…

立花宗茂、ァ千代のことはその時にでも…

こちらの供養塔は
平成26年(2016年)に発見されました。
以前より古文書には書かれていたらしいのですが…
柳川市の郷土史関係者が調査されていて確認されたそうです。

発見の際に供養塔の文字に感嘆の声があがったそうです。

画像


「泉誉良清」の文字分かりますか?
ァ千代の戒名は
「光照院殿泉誉良清大姉」です。

どうしてここに…?
ァ千代の母仁志姫は
肥後藩に仕官していた先夫の娘婿米多比と暮らしていました。
亡くなった際源覚寺に葬られたのですが
米多比が加藤家の「牛方馬方騒動」で宗茂の棚倉へ御預けとなり
その移動の際に
仁志姫が信仰していた久留米善導寺へ改葬されました。
その時に闇千代の墓も建てられ親子そろって供養されたようです。

ァ千代の産まれたのは
現久留米市草野の問本城。
そして父道雪が亡くなったのが北野天満宮の本陣。
どちらも近くなのですよ。

彼女の縁のある地に眠っているのですね。

驚きの出会いでした

善導寺
福岡県久留米市善導寺町飯田550
TEL 0942-47-1006
http://www.zendoji.jp/index.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お〜〜ァ千代の供養塔 女傑の典型みたいな人ですねえ@@
H26とは、ついこの間の発見なんですねえ。お母さんと同じ場所というのがホッとさせてくれますねえ。
つとつと
2018/06/17 09:30
つとつと様
さすがァ千代ご存知でしたね。立花宗茂は有名ですが…。10年位前に古文書に記録があり、お寺に照会したけれど分からなかったそうです。それから地道に調査を続けられ発見に至ったとか聞きました。私も晩年を過ごした地にあるお墓参りを計画していて、突然の出会いに舞い上がりました。後日計画通りお参りしてアップしていますので、お時間のある時にご覧いただければ幸いです。
tor
2018/06/17 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
偶然「善導寺」で 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる