走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS みやき町 綾部八幡宮

<<   作成日時 : 2018/06/12 21:05   >>

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 0

日本最古の気象台ですよ!

佐賀県みやき町にあるこの神社は
日本最古の天気予報といわれる
「旗上げ神事」「旗下し神事」が行われます。

画像


真直ぐな参道の先に鳥居が見えます。

画像


画像


猿田彦命かなと思ったら
「月弓尊」と読んで良いですかね?
ツクヨミは月の神とされていますね。
月読命とも。
この神社との関係は・・・?

画像


画像


八幡宮ですね。
肥前鳥居ではなさそうです。

画像


ちょっと小ぶりな二の鳥居。

画像


画像


肥前鳥居かなと…
しつこく見ましたが

画像


猿田彦命はこちらに祀られてました。

画像


画像


稲荷神社
前面に祀られていますね。

画像


参道の太鼓橋も良い感じです。

画像


画像


石段は三段階で上って行きます。
何となく城っぽいと感じませんか?

画像


画像


石段の平らになった場所で休みながら。

画像


綾部八幡神社
「御祭神 八幡大神(応神天皇、神功皇后、武内宿禰)
      住吉大神
      火具土大神
      風神大神(級長津彦命、級長戸辺命、隆信沙門)
綾部神社と旗上げ・旗下ろし神事のおこり
鎌倉時代初期、源頼朝が奥州征伐の際に戦功をあげ、
当地の地頭職にあった綾部四郎大夫通俊が元久二年(一二〇五)、
鎌倉鶴岡八幡宮の神霊を勧請し建立したもので、
東肥前の鎮護の神として百町歩を社領としました。
この地には、天暦五年(九五一)の風水害や流行病の折に、
隆信沙門という僧侶が村人を救済するために
石谷山の山頂で祈祷を行い、
一万巻の法華経を読誦しようとして、
九千部を読み終えたところで殉じたとされる伝説があります。
村人たちは、隆信沙門の亡き後、
その願いを引き継ぎ、また徳を称え、
風神である級長津彦命、級長戸辺命とともに合祀しました。
山頂に神旗を上げて人々の幸福や農作物の豊作を毎年祈り伝え、
いつしか石谷山への参詣を人々は、
九千部詣りと呼ぶようになりました。
その後、神旗は九千部から綾部八幡神社に移され、
無病息災や五穀豊穣を願い、
境内のイチョウの木に揚げられるようになりました。」


風神大神として名前のある隆信沙門。
誰かと思っていたら、実はこの神事の神様じゃないですか。

画像


さああとひと上り。

画像


画像


画像


画像


随身門です。

画像


先ほどの説明板の補足
「神木に麻旗を揚げ天気を予知する便りとした。
これは日本最古の気象台で日本三旗の一つである。
これより風神は農業の神として大いに尊崇され今日に至る。」


画像


画像


画像


画像


画像


旗上げ神事は由緒にもいわれが書いてありました。
浮立も有るのですね。
鳥栖市「村田八幡宮」 にも「村田浮立」がありました。
http://tor5555.at.webry.info/201804/article_17.html

どうやら
佐賀で豊作に感謝して毎年秋に奉納される神事らしいです。
語源は「風流」といわれ
鉦や太鼓にあわせて踊るのだそうです。
こちらは「中原浮立」と呼ばれるのですね。
地域名がついているので、地域毎に違っていたりするのでしょうね。

画像


神楽殿
そして土俵かな・・・?

画像


画像


鳥栖市周辺でよくお会いする狛犬さん。

画像


画像


おっ!
拝殿の梁にはみごとな彫刻。

画像


風神といえば
やはりなのでしょうね。
目が凄い!迫力の彫刻だと思いませんか?

画像


高い位置にあるのを見つけました。

画像


画像


画像


画像


境内には大イチョウが多いですね。

拝殿に飾られていました。

画像


秋の黄葉が素晴らしい

摂社は

画像


天満神社

画像


八坂神社

これは?

画像


もしかして
陰陽石

ところで
この神社が日本最古の気象台
日本最古の天気予報って?

画像


説明板がありましたよ。

毎年7月15日に

画像


「謹請風神御祈祷守護蠒」と書かれた
この神旗を

画像


長さ18mの真竹に結び付け

画像


ご神木である
樹齢600年高さ25mのイチョウに揚げるのだそうです。

神旗のついた真竹は禊を終えた「神旗人」が

画像


命綱なしで神木によじ登り取り付けるそうです。

神旗は約70日間神木に掲げられ
期間中は
宮司が朝夕、風向きや旗の様子を記録するそうです。

そして秋分の日の翌日
さきほどの土俵で三十三番の奉納相撲が行われた後
神旗人によって神旗は下ろされます。
宮司は旗の巻き具合から
農作物の豊凶や台風の襲来などについて確認するそうです。

画像


こんなふうに確認するみたいです。

画像


過去に揚げられた神旗も保存されていました。
これは色の褪せ具合や傷み具合から検証を行い
予想が当たったか確認したものだそうです。

神木から下ろされた真竹には無病息災、商売繁盛、家内安全や
試験合格のご利益があるそうです。
そのため参拝者はその枝を取り合うそうです。

画像


受験のお守りはこの竹で作られています。

約800年の歴史ある神社で
神職は普段から天候観測をして日誌をつけているのだそうです。
長年の経験から雨が降るときや豊作になるときなど
大方の天候は旗が風をはらんで巻く具合を見ているだけで予測できるそうです。
旗を揚げて5日後の7月20日に
旗の具合と過去の記録を元にしてその年の天候の長期予報を出します。
旗を揚げている期間中は短期予報も行うそうですよ。
まさに気象台!



綾部八幡宮
佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀2338

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 49
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みやき町 綾部八幡宮 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる