走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS 諫早市 八天神社

<<   作成日時 : 2018/01/08 20:17   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

八天狗で気になっていたら・・・

「八天狗」で疑問に思ったことが有りました。
http://tor5555.at.webry.info/201801/article_7.html

当時
諫早市へ行ったら長崎街道をジョギングコースの一つとしていて
永昌宿を走っている時に見つけました。

画像


「八天神社」です。
神社名から「八天狗」との関係を思いつき撮影。

画像


八天神社由緒記
「鎮座地 諫早市永昌町八天籠三九六
祭神 火産霊神
創建 文化三年寅十月(一八0六年)
由緒
八天狗信仰の流布は不明であるが諫早領内には諸方に八天狗石碑の建立あり
これら修験者山伏によって火難消除の守り神として信仰を広めた 此処
永昌の地は小倉を起点とする長崎街道佐賀藩からの諫早浜街道島原藩からの
三街道の合流する処 佐賀本藩の代官所もあり諫早の宿場であると共に
諫早抑えの拠点としての重要の地であったこの八天籠八天下八天平の小字の
接点にある高台の松の大木繁茂し眼下に栄田本明川に沿う町並みを望見する
景勝清浄の地に火災鎮除農作工業開運安産の守護神として
八天狗を祭祀し士庶万民の信仰の祭場として今日に至る
町民相図り観音屋敷等整理し浄財をもって境内を整備する
平成十年十一月三日 八天神社宮司 藤本勝喜 撰」


諫早領には八天狗石碑が多いようです。
佐賀にも多いとの事で、ここ諫早領は佐賀藩だったからでしょうか?

八天狗とは
愛宕山、比良山、大山、大峰山、鞍馬山、飯綱山、彦山、白峰山
の八山に住むという天狗だそうです。

天狗は、信仰又は、想像上の霊神であって
防災、鎮火の守り神として信仰されています。

九州の天狗のボスは
彦山(英彦山)豊前坊。
八天狗のひとりです。
欲が深く驕り高ぶった人間には
手下の天狗を使って
その家に火をつけたりしたそうです。

役小角が英彦山で修行をしたとき
英彦山の神である天津日子忍骨命が天下ったものが
彦山豊前坊であるとのことです。
修験道との結びつきが強いようです。

諫早「八天狗」は
この英彦山系の修験者
後方の八天岳は修行の場だったのかもしれませんね。

気になったのは
佐賀には有名な八天神社がいくつか存在すること。
その中に「土器山八天神社」があること。
「八天狗」のある土師野尾って地名は土師器につながりそうで・・・?

宮ア康平さんの「まぼろしの邪馬台国」を思い浮かべました。
島原鉄道常務取締役の時
鉄道工事で大量の土器が出土したことから
調査を進め邪馬台国は島原・諫早辺りではないかと・・・

吉永小百合さんと竹中直人さん
邪馬台国があった場所を生涯探し続けた宮崎康平さんと
盲目の夫を支え続けた妻・和子さんの映画が浮かびました。

またまた
頭の仲がぐちゃぐちゃになってしまい
そのまま放置。

沼山津神社の土俵で思い出し
ガラケーの中に残っていた写真から
当時を思い出してみました。

諫早市 八天神社
長崎県諫早市永昌町27





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
諫早市 八天神社 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる