走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS 小森野日吉神社

<<   作成日時 : 2017/12/26 21:04   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

参道には鳥居の他に・・・?

久留米市と鳥栖市の境
宝満川沿いにある神社です。

川沿いの道をジョギングしていて
行ってみようと思ったのですが・・・
堤防から下る道が無くて
回り道となりました。

画像


画像


画像


古い鳥居ですが
貫と神額が新しそうで
浮いた感じ・・・

画像


裏にまわってみると

画像


修復されたばかりでした。

画像


鳥居をくぐると
背の高い灯籠
その奥には2本の石柱が見えます。

画像


画像


画像


この石柱は?

画像


しめ縄が渡されています。
鳥居の原型はこれ?

画像


参拝者名が彫られています。


石灯籠の裏を調べてみると・・・



画像


伊勢神宮を参拝された方々が
記念に奉納されたようです。

もしや「伊勢講」
氏子さん達が共同でお金を積み立て
順番に代表者がお伊勢参りをする。
代参者が帰着したら
その名前を刻んで奉納されたようです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


いろんな年代と
姿勢や形の異なる狛犬。
そして奉納の文字。
もしかして?
この狛犬たちも・・・

画像


こちらの狛犬は雄みたいです
写真だとよくわかりませんが・・・

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


「御祭神
大山咋命
御相殿
菅原神 萬幡姫命 天手力雄命 倉稻御魂命

後水尾天皇の御代、元和7年(西暦1621年)12月8日、有馬豊氏公、
丹波国福知山より久留米城主に封じられし際、
御供百姓等、氏神様である日吉神社を奉斎して建立す。」


お殿様と一緒に久留米に来た農民が、
氏神様であった日吉神社もお連れしたのですね。

画像


気になっていたのですが・・・
菅原道真公も祀られていたのですね。

画像


合祀記念碑がありました。

もしかして
狛犬は合祀された神社から

画像


後方を流れる宝満川の堤防拡張工事で
縮小建て替えされたようです。

画像


画像


お殿様と一緒に
丹後国福知山から移ってこられた
農民の方々の氏神様でした。



小森野日吉神社
福岡県久留米市小森野5-19-9

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
神社の境内を歩くといろいろなものに出くわして、想像が膨らみますねえ。
鳥居の起源は諸説あるみたいですが、torさんの言われるように元は石柱又は木柱に注連縄をするのが起源のようです。神道では鳥居、仏教では山門・楼門が進化系みたいですね。
この石柱は銘文から戦前中のもののようですね。。八紘はアジアや世界を表す言葉で昭和初期に流行った言葉ですから
つとつと
2018/02/06 10:16
つとつと様
ふらりと訪れた境内で見つけたもので想像は膨らみます。当たっているかは…?石柱の文字よまれたのですね。私も「八紘一宇」を思い浮かべました。この石柱からは戦意高揚みたいなものも感じましたが…?
tor
2018/02/06 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
小森野日吉神社 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる