走る・登る・食べる

アクセスカウンタ

zoom RSS お菓子の神様発見!

<<   作成日時 : 2017/11/12 21:50   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

菓祖新宮神社

熊本県護国神社の境内に・・・

画像


画像


菓祖新宮神社
「お菓子の神様と言い伝えられてきた
「入母屋造」(いりもやつくり)の祠が、
中職人町(現新町4丁目)にありました。
熊本城の旧城下町には上・中・下の
職人町通りがあり、菓子関係の店舗が
集中していました。
その職人町の中でも中職人町は古くより
「お菓子の町・菓子職人の町」として
親しまれ栄えました。
毎年、祠の前にて菓子の神様
(「くあーしのかんさん」と呼ぶ)の祭りが
催されていたと伝えられます。
この大切なお菓子の神様を何とか残そうと
新町の皆様から相談を受けて、
平成二十七年十一月二十二日この地に遷座。
この新宮神社は、お菓子の神様と言われる
「田道間守」をご神体としております。
新町の「新」とこの地、宮内の「宮」から
「新宮神社」と名付けました。
株式会社お菓子の香梅 副島 隆」


画像


新町は熊本城の西にあります。

画像


画像


画像


現在の新町3〜4丁目辺りになります。
現地にはこのような旧地名板が設置されています。
住居表示が行われると
住所から場所の特定が容易になりますが
街の歴史が分からなくなるのですが
旧地名板があると
職人さんが住んでいた街だったのかと分かりますね。

画像


画像


画像


画像


今も数軒のお店が残っているようですが、
住宅やマンションなどが立ち並ぶ街となっています。
お菓子の神様を祀る石の祠は、
個人の庭に取り残されていたそうです。
それを遷座されたそうです。

ご祭神の田道間守命は
「新宮神社にお菓子の神様として祀られる田道間守命は、
古事記では「多遅摩毛理」、日本書記では
「田道間守」と表記されています。
田道間守命は垂仁天皇より大命を賜り、
遠く遥かな常世の国へ「非時香梅」と呼ばれる
不老長寿の霊力を持つ霊薬をさがしに行かれ、
十年の時をかけようやくさがしあて
万里の海河を踏み越えてお帰りになられました。
しかし垂仁天皇は既にお亡くなりになっておられ、
「腹命を得ず。あな口惜し。」と泣き叫び、
その後に田道間守命もお亡くなりになってしまわれました。
その際、常世の国より不老長寿の薬として持ち帰られた
「非時香菓」とは「橘の実」であったとされています。
昔は、現在のように様々なお菓子があったわけではなく、
果実のことを「果子」といっていたそうです。」

※ 熊本県護国神社HPより

画像


この木製の社殿は、
人吉の球磨高等学校伝統建築専攻科の生徒さんたちによって
作製されたものだそうです。

画像


ゆかりの橘の木も植えられています。

画像


画像


画像


石の鳥居は
熊本地震により無残な姿になっいます。
この鳥居は
「陣太鼓」というお菓子で有名な
「お菓子の香梅」さんにより奉納されたものだそうです。

菓子は果子が元なのですね。
そしてその源は「橘」。
果物の甘さから
今のお菓子へ。
なるほど
今でも果物の事を水菓子と言ったりしますね。

美味しいお菓子の祖
田道間守命に感謝!



「第3回 熊本城下町・菓子祭り」
平成29年11月19日(日)
10:00〜17:30 
こちらで開催されますよ。
https://www.kobai.jp/kashi_fes03/

菓祖新宮神社
熊本県熊本市中央区宮内3番1号 護国神社内
TEL 096-352-6353
http://kumamoto-gokoku.jp/index.php?id=75

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お菓子の神様発見! 走る・登る・食べる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる